土を使った家に住みたい

桜島の風景が好きなお施主様は、1年以上かけてこの桜島を一望できる高台の住宅地をご購入されました。前作のSHIRASUを気に入っていただき、私たちへ設計のご依頼をいただきました。アメリカ出身のお施主様からは世界遺産でもある乾燥地帯の集落「タオス・プエブロ」のような土を使ったサステナブルな住宅を建てたいとのご要望がありました。
主に以下2つのご要望がありました。

  • 桜島の風景を見ながら暮らしをしたい。
  • タオス・プエブロのような地域の土を使った家にしたい。

計画、製造、実験、検査、工事まで徹底した設計監理

しかし、多雨多湿の鹿児島ではアドビ煉瓦のような日干し煉瓦の使用は難しいため、私たちは鹿児島のシラスを活用したシラスブロックを初めて構造体にした組積造の住宅を提案しました。材料の開発から試験機関での材料実験なども含めて、構造検討を行い、法的に必要な構造条件をクリアしました。ご意向の多いお施主様とのセッションも丁寧に向き合いました。また特殊な工事のため、遠方の鹿児島へも頻繁に行き、徹底した監理サポートをして、実現に至りました。

桜島の雄大な風景と対峙するような配置

プランは大きさの制限のある組積造を部屋ごとに小さな棟に分け、様々な余白となるスペースを生むように配置しました。どの部屋からも桜島の風景が違った角度とサイズで見ることができ、多様な居場所が生まれています。さらに、その余白はシラスブロックの壁の熱特性により、夏は風を通し冬は熱を蓄え、快適な温熱環境にしてくれます。

SHIRASU/桜島の建築概要・写真

所在地鹿児島市
家族構成40代ご夫婦+お子様2人
延床面積202.88m2(61坪)
用途一戸建て住宅
構造組積造 一部RC造
敷地環境桜島が一望できるシラス台地崖上